03-6303-0745

平日 9:00 ~ 18:00 土日・祝日 要相談

飲食店向けの助成金③


飲食店を開業する全ての人に成功の喜びを!

飲食業専門 社会保険労務士の原です。


「飲食店向けの助成金①」で紹介した

キャリアアップ助成金」の正社員転換コースは

有期雇用の従業員さんを正社員に転換することで受給できる助成金でした。

 

じゃあ正社員にしたら他に助成金はもらえないの?

とお考えのオーナーに活用していただきたい助成金が

「人事評価改善等助成金」です。

 

飲食店開業、飲食店の助成金は東京山の手社会保険労務士法人へ

 

この助成金は、正社員を雇っていて、一定の条件を満たした賃金制度を整えることで

最大130万円支給されるという助成金です。

 

賃金制度とは、従業員さんに賃金をお支払いするためのルールのことです。

一定の条件とは、従業員さんの定着や育成に結びつくようなルールにし、

将来的に賃金がアップしていくような制度にするということです。

 

もちろん1人でも正社員がいればチャンスはありますので、

初めから正社員として雇っていた!というオーナーでも一度ご相談ください。

申請が可能か弊社で精査させていただきます。

 

今すぐ無料相談したい方はこちらからどうぞ。

 

さて、この助成金一度で130万円全てが支給されるものではありません

まずは全ての正社員を対象にした賃金制度を整備することで50万円

その後1年間制度をしっかり運用し、

成果が確認出来たら80万円が支給されるという二段階の申請を行う助成金です。

 

忙しいオーナーが1年もの期間自力で運用するのは非常に困難です。

成果の判定にも細かな要件が定められているので、

どんな要件があるか見ているだけで数時間経ってしまうか、最悪の場合、

内容がわからないからと助成金申請を諦めてしまうケースもあるようです。

 

本業に集中していただく観点からも、

専門家に相談しながら進めていただくことをお勧めします。

 

宿泊業・飲食サービス業の離職率は30.0%と全業種の中で

最も高いため(平成28年の雇用動向調査)、他の業種以上に

従業員の定着及び育成を目的とした人事制度の整備・見直しは急務となっています

 

飲食店開業、飲食店の助成金は東京山の手社会保険労務士法人へ

 

人事評価改善等助成金を活用して会社の制度を整え

従業員さんがモチベーション高く働ける環境をつくることで、

離職率の低下や生産性の向上も期待できます。

 

また、社内環境が良くなることで、

さらに他の助成金の申請も狙える可能性があります。

 

とはいえ、一度導入した制度はずっと残るものです。

助成金のため適当な制度をつくって後で運用ができなくなり、

自らの首を絞めてしまうのでは本末転倒です。

 

プロである社労士と二人三脚で進めていくことで、

助成金の受給はもちろん、従業員さんが生産性高く働ける環境を作りませんか

助成金についてのご質問・ご相談は

レストラン・飲食店 助成金支援センターまでお問い合わせください。

今すぐ無料相談したい方はこちらからどうぞ。